疾患基本情報about

  • HOME >
  • 疾患基本情報

疾患基本情報

心不全

心不全の基礎知識とメカニズム

心不全とは心臓の機能低下により日常生活に障害を生じた病態をいいます。症状は多様であり、病因もまた心筋組織が直接的に障害を受けている場合や長期的に負荷が加わり発症する場合のほか、根本原因が心臓以外に存在する場合もあり様々です。

心不全の分類

心不全は慢性と急性とがあり、分類としては主に「収縮機能不全」と「拡張機能不全」に分けられますが、両方の機能不全が認められることもあります。また原因としては心臓の壁や弁の障害ばかりでなく、高血圧や糖尿病などの生活習慣病が危険因子として存在しています。

心不全と高血圧

高血圧は心不全の基礎疾患として頻度が高く、心不全は高血圧の重症な合併症となります。
高血圧の適正な管理は極めて重要であるとともに、高血圧の治療では、心不全の合併を念頭において、適時、心不全のスクリーニング検査を実施することが大切です。

心不全と糖尿病

糖尿病は慢性心不全の強力な危険因子となります。糖尿病患者において血糖コントロール不良の状態が続き、HbA1c値が8%を超えてくると心不全のリスクが高まるといわれています。糖尿病治療においては心不全の可能性も念頭におき、HbA1c値の管理とともに必要に応じて心不全のスクリーニングなども実施していくことが大切です。

心不全とCKD

慢性心不全において腎機能低下は最も重要な予後規定因子であり、またCKDと慢性心不全が合併する頻度は極めて高いといえます。実臨床では心腎連関の重要性が強調され、慢性心不全治療においてはeGFR(推算糸球体濾過量)を求めて治療戦略を立てることが望まれています。

心不全の診断

心不全の診断はまず、脈拍、血圧低下、聴診器で確認できる心音の異常および肺への液体貯留、心臓の拡大、頸静脈の拡張、肝臓の腫大、腹部や脚の浮腫などにより検討されます。
症状と身体所見から心不全が疑われた場合は、採血・検尿・胸部X線検査・BNP・NT-proBNP・心エコーなどを実施し、診断の妥当性を検討します。

心不全の治療

心不全の治療目的は大きくわけて症状をよくする治療と、予後を改善する治療があります。その目的により使用する薬剤が使い分けられています。症状改善薬として主に用いられているのが利尿薬であり、予後改善薬にはACE阻害薬やβ遮断薬などが頻用されます。主病態がどのようなものかをしっかりと把握して、それぞれの病態に応じた治療を行うことが大切です。

甲状腺疾患

甲状腺の基礎知識

甲状腺は、全身の代謝を維持するのに重要な甲状腺ホルモンを2種類合成して血中に分泌する内分泌腺です。日本の疫学調査では10人に1人が何らかの甲状腺疾患に罹患していると推定されており、多くみられる疾患は「バセドウ病」と「橋本病」です。

甲状腺疾患の特徴

甲状腺疾患は大きく分けて、甲状腺の機能に関わる疾患(甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症)と、腫瘍性の疾患(甲状腺腫瘍)に分類されます。ここでは、それぞれの分類に属する代表的な疾患の特徴・検査法・治療法について解説します。

甲状腺疾患診断ガイドライン活用ガイド

それぞれの疾患において、最新の診断ガイドラインに基づき、臨床所見、血液検査、画像検査、細胞診などから診断します。甲状腺疾患は大きく分けると甲状腺機能異常に関わる疾患と腫瘍性疾患の2種類に分類されますが、特に前者は血液検査、後者は超音波(エコー)検査と穿刺吸引細胞診の検査が重要になります。
日本甲状腺学会は2013年に日常診療で多くみられる甲状腺疾患のうち5つの疾患(バセドウ病、甲状腺機能低下症、無痛性甲状腺炎、橋本病、亜急性甲状腺炎)を取り上げ、「甲状腺疾患診断ガイドライン」として診断基準をまとめました。また、甲状腺腫瘍については日本癌治療学会が2010年に「甲状腺腫瘍診療ガイドライン」の中で診断の流れを示しています。

甲状腺と婦人科(不妊)

甲状腺疾患は女性に非常に多く発生し、好発年齢は20〜50歳代です。甲状腺機能の異常は卵巣の機能や月経に影響することがわかっており、特に妊娠可能域の女性に発症した場合、妊娠時の流産や早産の危険性が増すといわれています。そのため、妊娠を望まれている方には甲状腺の検査を行う必要があります。