検査についてcheckup

  • HOME >
  • 検査について >
  • 子宮頸がん細胞の発生メカニズム

子宮頸がん細胞の発生メカニズム

HPVに感染しても多くの人は自己免疫によりウイルスを排除できます。
10%程度の人がウイルスを排除できずに持続感染を起こし、異型成や子宮頸がんへと進行します。
HPV感染後、異型性は長い期間(平均6年~10年)を経て子宮頸がんに進行します。

初期の子宮頸がん
稀に月経でないときの出血や、性交渉時、あるいはその後の出血がみられることが
ありますが、ほとんどは無症状です。
子宮頸がんの進行
不正出血が多くなったり、おりものがピンクや褐色になったりします。
そのうち、おりものに膿が混ざったり、悪臭がしたり、下腹部痛や腰痛、排尿障害や
肺便生涯、血尿や血便などの症状がでてくることがあります。