検査についてcheckup

出検にあたって

検査をオーダーするにあたり

NT-proBNP BNP
検体種別 血清・血漿共に使用可
血清 ○
血漿 ○
血漿のみ可
血清 ×
血漿 ○
採血量・採取回数
心不全診断ガイドライン項目実施時
血清採血管(生化学検査及びNT-proBNP測定用)の1本(必要検体量20μL)で運用可 血清採血管(生化学検査用)及びEDTA血漿採血管(BNP測定用)の2本必要
検体の安定性 採血後、室温24時間及び2~8℃で72時間まで安定
凍結保存(-20℃以下)で12ヶ月安定
採血後直ちに測定若しくは凍結保存必要

BNPの変動要因解析にて指摘されていた、検体安定性および溶血(Hb)の影響は、NT-proBNPにおいては影響は見られず、安定した結果が確認された。